ほうれい線は治せる|腕利きのドクターに任せよう

顔の印象を変えるには

頬に手をあてる婦人

大切なのは肌の水分です

皆さんはじっと自分の顔を眺めている時間はありますか。ふと気が付くと、自分の顔にシミやそばかすが現れ、年齢を実感する肌になっているのではないでしょうか。シミやそばかすはコスメである程度隠すことが出来ますが、なかなかコスメだけではケアしきれないものもあります。それは「ほうれい線」です。ほうれい線は口周りに入るシワの事で、この線が現れると表情に老いを感じるようになります。でも、笑いジワでもありますから沢山楽しく暮らしてきた証でもあるのです。そこで、後ろ向きな気持ちにならずにほうれい線をケアしていくことがおススメです。でも出来てしまうほうれい線をどのようにケアすれば良いのでしょうか。まず、シワの対策には肌水分を減らさないことが大切ですが、歳を重ねると肌の保水成分が徐々に減少してしまいます。そこで、肌に浸透させやすいヒアルロン酸などを補い、ハリを失わないことが大切です。この対策はほうれい線だけでなくたるみの対策にもつながります。このケアは普段のスキンケア対策で十分に出来るものです。

更に美しくなるために

しかし、それでも顔にほうれい線が現れることはあります。そこで、きちんとしたプロのケアで対策を行うことが大切です。整形の場合、医師が施術を行うのでとても安心感があります。注射で有効成分をほうれい線部分に注入することで、まるで10代のようなふっくらとした肌に蘇るのです。また、最新機器の使用ではコラーゲンの力をさらに高めることが出来るので、肌が赤ちゃんの頃のようなハリを取り戻します。一般的なケア方法であるヒアルロン酸注射では、初回の施術を格安で実施している美容整形外科もあります。整形は昔に比べるとレーザー照射だけ、あるいは注射だけ、など多岐に渡る方法が用意されています。プチ整形ならお財布にも優しい上、顔の老いにも対抗できるのでとても嬉しい効果です。例えば、引き締め効果のあるレーザーですと毛穴拡張を予防する効果を発揮してくれます。いつまでも若々しい表情を実現するためには、ほうれい線は美容の大敵です。まずは美容整形外科への相談から始めましょう。