ほうれい線は治せる|腕利きのドクターに任せよう

顔のたるみは老け顔の原因

複数のドクター

ホームケアの改善は困難

ほうれい線は中年以降に目立ち始める顔のたるみであり、これができると顔が老けて見え顔の印象が随分変わってしまいます。鏡を見ながら頬を手で引っ張り上げて、これさえなかったら随分若く見えるのにとため息をつく人も多いことでしょう。頬の筋肉が衰えて皮膚が垂れ下がってくることによって、ほうれい線が深くなってきます。ほうれい線ができる原因は加齢や喫煙、紫外線、ストレス、肌の乾燥、生活習慣の乱れなどがあります。また真皮のコラーゲンの分泌が減少することでも起こります。コラーゲンが不足すると皮膚を支える力が不足して、たるみやシワの原因となってしまいます。コラーゲンが不足する原因はストレスや栄養不足、喫煙なども関係してきます。様々な要因が重なって若い人でもほうれい線が目立つ人が増えてきています。顔の衰えた筋肉や皮膚を元通りにするにはマッサージなどのホームケアではかなり難しい問題です。最近は整形で肌の若返りを図る人が多くなっています。整形はメスを使わない手軽な治療方法がたくさんあります。

治療法は様々

ヒアルロン酸注射は整形では最も手軽な治療法だと言えます。注射するだけでほうれい線やシミ、シワなどを目立たなくすることができます。またアゴの形を整えたり涙袋を作ったり唇をふっくらさせることもできます。整形の様々な場面に使われることの多い治療法です。高周波治療はヒアルロン酸よりさらに顔の若返り効果があり、持続期間も長くなります。高周波で真皮層にやけどを起こし、線維芽細胞にコラーゲンを強制的に合成させる治療です。レーザーでは届かない真皮層まで、確実に届く優れた働きをします。これは肌の負担を軽減するため、回数をわけて治療していきます。ほうれい線のたるみを消すには、スレッドリフトという特殊な糸を皮膚に挿入して糸の反発力で皮膚を持ち上げる方法もあります。糸が細胞に刺激を与えることで、コラーゲンの合成も促すことができます。以前のスレッドリフトは、顔が突っ張ったような感じになる場合がありました。最近は技術や素材も画期的に進歩して、筋肉の動きに合わせて糸が伸縮するので自然な表情がつくれるようになりました。